看護師として働きたい人におすすめの就職フェア

看護師として病院で勤務していた人も、出産や育児をきっかけに離職して、そのまま復帰しない人が大勢います。
看護師免許を取得するまでに並々ならぬ努力をして、実際に医療現場で実務経験を積んでいても、それらを活かす場がないまま埋もれている状態は少なくないようです。

そのような潜在看護師は、病院で看護師として再び働くことを望んでいても、ブランクがあることが気になり、二の足を踏めないままでいることが少なくありません。
そこで、ブランクがある看護師たちが医療現場に再就職しやすくするために、看護師向けの就職フェアの場では、いろいろな工夫が盛り込まれるようになっています。
看護師向けの就職フェアの特徴は、地元の病院の担当者や看護師が一堂に集まるので、自分が働きたいところの担当者に直接仕事に関する話を聞くことができる点にあります。
その時に、復職を検討している参加者と同年代の現役看護師をフェアに参加させると、疑問や不安の解消に役立てることが可能になります。

また、その他にも、フェアの参加病院ごとに託児所の有無やブランク明けの復職支援が一目でわかるように表を作成したり、再就職希望者向けに必要な情報が詰まったセミナーを同じ会場で開催したりするといった取り組みも行われています。
さらにスキルチェックとして、採血や注射などの基本的な能力が、現時点でどれくらい維持されているかも調べることが可能なイベントもあるので、ブランクからの復職を願う看護師の方は、再就職への第一歩として参加してみると良いのではないでしょうか。